もう若くない!?の合図です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、カフェのお仕事の日だったよ。

すんごい寒かったからかな?ジンジャー系のドリンクがよく売れてた。

あと、こんな寒い日でも、子供たちには関係ないのか?ジェラート食べたい子、やっぱおるね!子供つえー!!

さて、今日は、子供の頃には思ってもみなかったある変化について。。。。

毎朝コーヒーを買いに来てくれる常連Cさん、

今日はいつもと髪型が違って、カーリーヘアだったので、

「その髪かわいいね」と話しかけたら、

なんと、その可愛らしいカーリーヘアは、彼女の本来の地毛だった!!

彼女は、前まではストレートヘアだったんだよ。

でも、そのストレート髪は毎朝、ヘアアイロンで健気に伸ばしてたんだって。

そんで、最近、ヘアアイロンのやり過ぎで、頭皮の皮がむけて、ボロボロになったので、

しばらくは地毛のままでいなくちゃいけないと嘆いてた。

そもそも、なんで可愛い天パカールをアイロンで伸ばす必要があったのかというと、

「自分の母ちゃんそっくりに見えるのがいやだ。」とのこと。

つまり、鏡に映る自分の姿が母親そっくりだと、年をとったような気がするらしい。

そうか、なんとなく、わかる気がする。

鏡に映る自分の姿が母だったら、ちょっとショックかも。(お母さん、ゴメンナサイ)

実際、私は母よりも父の方に似てるので、そんなことは起こらないと思うけどね。

でもでも、時々、話し方が自分の母親っぽいときがあって、

54くんに「今の言い方はお義母さんっぽいね」と悪気なく言われても、チョー傷つく。

一体、いつからこんなことを思うようになったんだろう?

子供のころは、二重まぶたの母に似なくて、一重まぶたの父に似てしまったことが

すごーくイヤだったのに!!

「お母さん似がよかった!!」と親に不満をぶちまけていたのにね。

今では、母の言動っぽいことをすると、ドドドどっきーん!!気をつけて、私!!

と思ってしまう。

こういうことを思いはじめるってことが、年のはじまりなのかもしれない。

本日、常連Cさんから学んだことでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク